診療日カレンダー


診療日カレンダー

  • 採用情報
    閉じる

    採用情報

    お問合せ 092-572-1171
  • 医療安全対策の指針
  • 個人情報保護方針

「けんけんぱ」vol.46掲載されています

20161205.png

子づれ DE CHA・CHA・CHA!が配布しているフリーペーパー・福岡県健やか子育てパートナーマガジン「けんけんぱ」のドクターガイドに古澤こども歯科クリニックが紹介されています。

歯ブラシによる子どものけがにご注意を

小さなお子さんはスプーンなどさまざまなものを自分の口に入れるのが好きです。仕上げ歯磨きを始めるとお子さんが自分で歯ブラシをもって磨きたることはよくあるこです。その際に歯ブラシを口に含んだまま歩いたり遊んだりして転倒し、大けがをする事故が後を絶ちません。

東京消防庁の調査によると救急搬送される年齢別の人数は1歳児が最も多く、その中でも歯ブラシによる事故が一番多いそうです。歯ブラシはとがったところがないので危険と思っていない保護者も多いようですが、くわえたまま全体重が加われば簡単にのどの奥や頬、上あごの骨に突き刺さります。

歯ブラシは小さなお子さんの手の届かないところに保管し、歯ブラシを与えるときは保護者が絶対に目を離さないように気をつけてください。持ち手が丸く輪になった謙譲の歯ブラシもあるので、動きが活発なお子さんにはそれを与えるといいと思います。

このページのトップへ
古澤こども歯科クリニックトップへ